読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神リメイク「俺の屍を越えてゆけ」

PSPで2011年にリメイクされた「俺の屍を越えてゆけ」。血脈を受け継ぎ、短命の宿命を繋いでいき、酒天童子を倒す物語です。
過去にPSで発売された時の動作面などを見直し、スピード調整やバランス調整などを徹底的に行った結果、神リメイクと称されるまでのゲームになりました。
神様も新規のものが増えましたし、当時のスタッフと当時の声優さんを全員集めて作り直したというだけのことはあります。
実際にプレイしてみると、「人間の命とはかくも儚いものなのか」と痛感することでしょう。どんなに美人でも、どんなに強くても、必ず数年間で死んでしまう「短命の呪い」は、その時を精一杯に生きるということを教えてくれます。感情移入度が半端ないんですよね。一人ひとりに名前を付けられますし、一緒に戦っているとどうしても思い入れが出てきてしまいますので、別れの時は涙しますが、これも全て、運命の輪を断ち切るためと思い、厳しい人生を歩み続ける覚悟を教えてくれます。
単なるゲームにとどまらず、人とは何か、宿命とは何か、命とは何かを教えてくれる、素晴らしいリメイク作品だと思いますので、まだこのゲームに触れたことがない方は、ぜひこの機会にプレイしてみてください。